投稿日:

秋らしくなりました。

 

子たちの学校の新学期が始まり、登校に付き添いながら、ウオーキングをしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすっかり秋模様ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

稲も刈られるのを待っています。

ずいぶん背高のっぽの稲もあります。品種に違いがあるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

早々と黄色くなって、すでに刈られたもの、

まだ青々としてるけど、ずいぶん背の高い稲、などなど。

品種が違うのか、植えた時期が違うのか、土の栄養が違うのか・・・

なんでだろう、と思いながら、毎日歩いています。

(聞けば早いですけど。)

それと同様、気になっているのが、下の・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

神様のいたずら?

 

 

 

 

 

 

 

 

よくある光景ですけど・・・

茶目っ気のある神様が気まぐれに田んぼで遊んでいるのでは?

なんて考えると面白いです。

 

人間の仕業であれば怒られるところですが、

この悪戯には、入口出口がありませんから・・・

 

実のところは、田んぼに入ってきた風の逃げ場がなくなって起こる現象?

きっとつむじ風が発生しているのでしょう。

 

まあ、他所の田だから呑気なことを言ってられるのでしょうが、

我が田であっては後始末に困ることでしょう。

 

倒れた稲はコンバインでは刈れないそうです。

(大丈夫な新種の機械があればよいですが。)

だから、皆さん倒れる前に刈ってしまおうと急がれるみたいです。